年齢別薬膳「28歳からの養生」

白金美容薬膳主宰の吉原典子です。
女性の身体は、7の倍数で変化すると言われています。
今回は、28歳の女性にとって、薬膳的視点からどう過ごしていったらよいのかお伝えします。
Loading

白金美容薬膳主宰の吉原典子です。

「人の身体は、男性は8の倍数、女性は7の倍数で変化する」

CMで一度は耳にしたことがあるはずのこの言葉は、中国最古の医学書『黄帝内経』(こうていだいけい)に書かれていたものです。

黄帝内経が書かれた時代と今の時代は比較しようがないほど生活環境が変化していますが、私たちの身体って実はそんなに変わっていないことに驚きます。

 

28歳~34歳の女性

皆さんもそうだと思うのですが私自身も振り返ると、28歳~34歳までは体力、気力共にパワーがみなぎり、充実していました。

仕事が忙しいうえに不規則な食生活や睡眠不足が続いても、疲れたと思いつつも頑張りが効いていたように思います(今は絶対無理ですが…)。

その半面、生理痛や貧血、肌荒れに悩んでいたのもこの頃がピークでした。頑張れば何とかなる分、無理をしがちなのがこの年代。

この時期に養生するかしないかで、今後のアンチエイジングにも影響が出ます。是非とも身体にいいものを取り入れてくださいね。

 

女性にオススメな食材

白金美容薬膳 なつめ 薬膳茶 薬膳料理

28歳~34歳の女性に特にオススメしたいのは、やはり「棗(なつめ)」。サムゲタンに入っている赤い大きな実です。

【なつめの効能】
・精神安定
・良質な睡眠
・貧血の予防改善
・アンチエイジング

 

女性は血の不足が気になるので、年代問わずお召し上がりいただきたい薬膳スーパーフードのひとつ。

大きな実をそのままスープに入れて煮込むのもいいのですが、キッチンバサミで細かく切ったものをお茶に入れて飲むのがお手軽です。

 

白金美容薬膳 なつめ 薬膳茶 薬膳料理

休憩時間やティータイムにチョコレートもいいけれど、流行りの「ドライなつめ」にしてみませんか。

 

5月の薬膳茶「WOMAN TEA」とご一緒に♪

白金美容薬膳 なつめ 薬膳茶 薬膳料理

 

このブログのスタイリスト

吉原 典子

吉原 典子
白金美容薬膳主宰

《出身校》
日本中医食養学会
薬膳コンシェルジュ協会

《メッセージ》
若い頃は不摂生から未病(病名がつかない、病気ではないけれど何となく不調)の状態が続いていました。ある日、体調を崩して入院した病院がきっかけで東洋医学に出会い勉強を始め、今に至ります。
以来、薬に頼らず日々の食事やお茶で養生する事を大切にしています。
急にライフスタイルを変えるのは難しいけれど、日々の生活に薬膳茶を取り入れたり、旬のものを積極的に食べたり、小さなことから少しずつ変えていく、そんなお手伝いが出来たらいいなと思っています。

《得意なこと》
朝活、早起き、旅行、書道、犬の散歩

店舗情報

店名:白金美容薬膳
URL:https://norikoyakuzen.themedia.jp/

このスタイルのイメージ