今さら聞けないボブ・ロブ・ミディアムの違い知ってる?長さ別に解説

こんにちは、美容師ブログライターの渡邉 佑典です。
今の時代、髪型の名前がありすぎて何が何だかさっぱりわからない!というお話をよくうかがいます。
雑誌も美容室での会話も横文字ばかりでわからない…そんな方に今回は髪型別の長さの基準や特徴、違いなどを現役美容師の僕がわかりやすくまとめていきます。
美容師と仕上がりのイメージをしっかり共有するためにも、髪型の名前や詳細を知っておいて損はありません。
Loading

ひとくくりに「髪型」といっても長さや形で様々な名称がついています。ヘアカタログを見ても、ショート・ボブ・ロブ・ミディアム・ロングなど様々な言い方を目にしませんか。

ふむふむとうなずいてはいるけど、頭の中では「?」がいっぱい…という方も多いはずです。そんな方に今回は長さ別の髪型の基準と特徴をお伝えしていきます。

 

【ショートスタイル】

ショートヘア

正面から見たときに顎よりも短いスタイルのことを「ショートヘア」と言います。

首まわりやえり足の長さがすっきりとしている点が特徴です。洗髪やドライのお手入れが楽!と、忙しい方に人気のスタイルです。女性の中ではショートスタイルに憧れている方が多く、女性目線でのウケを狙うのであればオススメです^^

最近は芸能人の方でもバッサリと切る方も増えてきましたね。

 

■ベリーショート

ショートヘアの中でも、より短いスタイルを「ベリーショート」と言います。

ベリーショート

耳が完全に見えていたりショートヘアよりもトップの髪の長さがより短く設定されています。

 

■ショートボブ

顎よりも上の長さで、ボブに見えるスタイルを「ショートボブ」と言います。

ショートボブ

ボブっぽく重めにつくられた顎上の長さとシルエットがポイントです。ボブからいきなりショートヘアにする勇気はないけど、短めのスタイルにチャレンジしたい!という方にご提案させていただくことが多いです。

 

【ボブスタイル】

正面から見たときに顎のラインよりも長く、肩よりも短いスタイルのことを「ボブスタイル」と言います。

ボブスタイル

ボブスタイルの特徴は後ろの髪は短めで、サイドの髪がやや長めに設定された“前下がり”のシルエットであること。

前下がりのシルエット

前下がりにすることで顔まわりの長さがキープできるので安定感があり、ギリギリ結べる長さでもあるので人気があります。デメリットは顔まわりが重く見えてしまうこと。

前下がりのシルエット

顔まわりを切り込んで前上がりにしたスタイルや、ボブをより短くしたマッシュルームカットなどはボブスタイルの発展系といえます。

最近ではボブスタイルとミディアムスタイルのあいだの長さを持つ「ロブ」が注目されています。

ロブ

コテでワンカール巻いてもよし!肩ラインであえて跳ねさせてもおしゃれ!イマドキ女子に人気のスタイルです。

 

【ミディアムスタイル】

ミディアムスタイル

全体の長さが肩より下、胸までのスタイルを「ミディアム」と言います。

肩ラインよりも長くなるので跳ねにくく、サッと結ぶこともできるため、女性にとってはいちばんポピュラーな長さではないでしょうか。

 

■アレンジがしやすい長さ

ミディアムスタイルは、全スタイルの中で一番アレンジがしやすい長さ。普段からアレンジをする方に人気です。

アレンジがしやすいミディアム

ロングよりも毛先を簡単にまとめやすく、ヘアアレンジ初心者の方でもトライしやすい長さです。

 

■レイヤーを入れると雰囲気が変わる

ミディアムスタイルはレイヤー(段)を入れると動きが出て、シルエットをつくることができるので雰囲気が変わります。

レイヤーを入れると雰囲気が変わるミディアム

肩ラインギリギリの場合は、レイヤーを入れると跳ねてしまうのであまりオススメしませんが、肩より下のミディアムであれば長さを変えずにイメチェンしやすいのでオススメすることがあります。

普段からコテなどで巻く方は、簡単にズレ感が出せて動かしやすくなるのでオススメです。また毛量が多い方もレイヤーを入れておくと軽く見せることができますよ^^

 

■ボブからミディアムにするとき

ボブからミディアムへ伸ばし中のときは、一度カットを入れましょう。ボブスタイルは後ろの髪が短くて前の髪が長い「前下がり」のシルエットが基本的なかたちです。

それに対してミディアムスタイルは、前の髪が短く、後ろの髪が長い「前上がり」が基本的な形になります。

つまり、ボブとミディアムでは形が大きく変化するので、ボブのまま伸ばしてしまうとシルエットが重く、まとまらない、扱いにくいスタイルになってしまいます。

ボブとミディアムでは形が大きく変化する

そうならないためにもボブからミディアムになるタイミングで一度カットをして顔まわりの長さを整えてあげると、そのまま伸ばしていくことができます。

 

【ロングスタイル】

ロングスタイル

全体の長さが胸よりも下にくると「ロング」になります。

 

■カラーとの相性が良い

髪の長さがある分、カラーリングの色味をはっきり表現することができます。

カラーが楽しめるロング

グラデーションカラーや3Dカラーなど、特殊なカラーリングとの相性がいいのもロングスタイルの特徴です。

 

■ダウンスタイルのアレンジができる

ミディアムスタイよりも幅広いアレンジができるのも、ロングスタイルの醍醐味。

ダウンスタイルのアレンジができるロング

編み込みや流行りのゆるふわアレンジもロングスタイルならバッチリできます。

 

まとめ

レングス比較

このように長さ別に見てみると、たくさんの髪型がありましたね。自分に似合う素敵な髪型に出会えたら、自分の魅力も増していきます。

よく髪は“女の命”と言われていますが、まさにその通りで髪型を気に入っているか、いないかでモチベーションは大きく変わると思います。

自分にあった素敵な髪型に出会えることを願っております^^

また、今の自分の髪はどの長さなのか?これからどの長さにしていきたいのか?目指す長さを明確にしておいて、長さ別にしっかりと髪型の名前を覚えておきましょう。

そうすると美容師さんとの会話も理解しながら、話を進めていくことができます。
ちなみに僕がスタイルをつくる上で、長さに関係なく徹底しているのは「髪を綺麗に見せる」こと。どんなに素敵な髪型でも、髪がバサバサでは可愛く見えないですからね。

今の自分の髪がどんな状態か知りたい方、似合う長さがわからない方はお気軽にご相談くださいね。

ではでは^^

こちらもオススメ 右差し​​​​​​​ 『リンス・コンディショナー・トリートメントの違い』

 

 

【日本初】カスタマイズシャンプー&リペア MEDULLA

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ