toggle

初めて行くサロンで失敗しないための持ち物3つ

初めて行く美容室

「初対面だし…うまく伝えられるかな?」

「やりたい髪型があるけど、なんて言ったらいいんだろう??」

「初めてなのに“おまかせ”ってできるの??」

初めて行く美容室だと、受付の手順や雰囲気がわからず、思っていた以上に緊張してしまうことって多いです。

そんな話すことで精一杯の中、肝心のオーダー内容は伝えたいことの3割も言えなかった…なんてことも。

しかし、担当美容師にどれだけオーダーをしっかり伝えて意思の疎通が取れていたかどうかで、仕上がりのクオリティーに大きな違いが出てきます。

今回は美容師目線で、来店前にどんなことを考えてきてもらうと助かるのか、こんな伝え方をしてもらえるとわかりやすい!というオーダーの仕方を解説していきます。

イメージする髪型は3つ持参

イメージをオーダー4

当然、初めていく美容室では美容師とお客様はお互いに初対面。お互いのことを何も知らない状況です。

ライフスタイルや好み、雰囲気などまったくわからない中、お互いに話し合いながらイメージを共有して、美容師は髪型の提案をしていかなければなりません。

これってとても難しいことですよね??

初めて行った美容室でイメージどおり100点満点の髪型をつくってもらうのは、初対面でデートして1日のプランを完璧にこなすくらい難しいです(笑)

なので、少しでも好みをわかってもらえるように、髪型のイメージ(切抜きや画像)は「3つ」持っていくことをおすすめします。

3つのスタイルの共通点から、こういうのは好きだけど、こういうのは嫌いなのかな?とイメージがつかみやすくなります。

だいたいのお客様は、「コレ!」と決めたひとつのイメージしか持ってきていないことが多いです。ひとつだけだとイメージがつかみにくく、好みを把握しきれません。

仕上がりが「何となくイメージと違う…」と感じてしまったときは、曖昧な状態のまま施術をスタートしてしまったケースでしょう。

イメージをしっかり共有することで、美容師側も細かいポイントまでこだわって切っていくことができるので、納得のいくスタイルに近づける確率がグッと高まります。

「伸びた分カット」も慎重に

カットオーダー

既存顧客のお客様なら、履歴があるので前回と同じ髪型にすることや「伸びた分カット」というオーダーでも問題なく対応できます。

最近では写真に記録して見返したりもするので、やりやすいです。

しかし、初めてのお客様の「伸びた分カット」は履歴がないため正直わかりにくいです。(とはいえ、新規のお客様から「前回と同じで」というオーダーを受けることは結構あるんですよ…)

なので、1~2cmのメンテナンスカットでも、スタイル写真を3つ持ってきていただくとありがたいです。

あとは普段のお手入れ方法はもちろん、今後どうしていきたいのかなども伝えられるようにしておくといいでしょう。

おまかせする際の注意点

おまかせオーダー

「おまかせでイイ感じに!」

こんなオーダーもよくいただきます。おまかせは大歓迎ですが、大まかな好みを伝えていただくと失敗する確率がグンと減ります。

例えば

  • 全体はまかせるけど、前髪は短くしないで
  • 肩より下の長さはキープ
  • レイヤーは入れないで

など最低限の気をつけてほしいポイントや変えたくないイメージなどは伝えておいたほうがいいでしょう。

ロングヘアから肩上までバッサリ切られて「イメージと違う!」といわれても焦ってしまいますので…!

もちろん、おまかせでも「こんな感じにしていきます」とゴールを伝えてから切り始めるので、失敗が起こらないようにはしています。

まとめ

初めて行った美容室で仕上がった髪型がイメージどおりか、全然違うかはカウンセリングでほぼ決まると思います。

お客様から話やイメージ引き出す美容師側の力も大切ですが、お客様から歩み寄っていただくこともとっても大切です。

美容師目線で言うと、カットといっても長さ段差の有無、重さ、質感などいくつかの要素を考えながら切っています。

お客様が扱いやすい髪型をつくるためにも、情報提供が必要です。お互いにしっかりと情報を共有し、意思の疎通をはかることで素敵な髪型がつくれます。

初めていく美容室で失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

関連記事