「砂糖」よりももっと怖い成分

美容好きが高じ、美容サイト「抗糖化ライフ」「アンチエイジングLIFE」「美容体験ジャーナル」など複数のサイトを運営・執筆しているnaokoです。
”お砂糖”を控えているという人は増えていますが、それだけでは十分ではありません。
Loading

こんにちは、美容好きが高じ、美容サイト「抗糖化ライフ」「アンチエイジングLIFE」「美容体験ジャーナル」など複数のサイトを運営・執筆しているnaokoです。

食欲の秋が到来。冬を迎えるために溜め込みやすいカラダのこの時期こそ食べるものに意識したいところです。

健康のために、ダイエットのためにと「シュガーフリー」の食品を手にする人は多いと思いますが、それだけでは不十分。

人工的につくられた”甘味料”の方が危険な場合もあるのです。

 

成分表示にコレがあったら要注意

いかにも健康に良さそうなキャッチコピーがあったとしても、成分表示にコレがあったら避けたほうがいいですよ。

果糖
フルクトース
果糖ブドウ糖液糖

これらは、清涼飲料水・タレやソース類、お菓子などに入っているケースが高く、案外身近なものに含まれています。

美容に良いと思われる美容ドリンクにも、実はフルクトースコーンシロップが使われていることが多いのが現状。

なんのための”美容”なのか分からないです。

シュガーフリーの落とし穴

 

フルクトースが良くないワケ

フルクトース(果糖)はブドウ糖(グルコース)よりAGEsを引き起こしやすいといわれています。

日常生活の中で食べる程度の果物なら問題はありませんが、加工された甘味料は危険。

清涼飲料水、炭酸飲料、お菓子、缶詰、各種加工食品など生鮮食品でないありとあらゆる飲み物や食料の甘味づけに「フルクトースコーンシロップ」が使われています。

フルクトースが良くない2つの点は、ブドウ糖(グルコース)より依存性が高いこと。そして、ブドウ糖の10倍の速さでAGEsをつくっていくことです。

 

 

コンビニで、スーパーで、なにげなくカゴに入れている食品の成分表を見るように心がけたいですね。

 

このブログのスタイリスト

naoko odano

naoko odano
美容愛好家、プロデューサー

《出身校》
共立女子大学

《メッセージ》
多くの女性は年齢を重ねても美しくありたいと願うものです。年齢による衰えは必ず起こる現実だからこそ、日々の生活や食事などを意識して過ごすことで大きな違いが出てきます。
美容・健康、アンチエイジングなど好きが高じて調べ上げた美容情報の中から、特に抗糖化に着目した内容の美容サイト「抗糖化ライフ」を運営・執筆中です。そのほか「アンチエイジングLIFE」や「美容体験ジャーナル」などの複数の美容サイトも手掛けています。
さらに得意なwebを活かし、起業女性のためのマンツーマンでのパソコンレッスンや、働く女性がワクワク楽しく仕事ができるような、おしゃれで機能的なパソコンバッグとパソコンケースのオンラインショップ「PCBag Style (パソコンバッグスタイル)」をプロデュース、運営しています。

《得意なこと》
美容・健康・アンチエイジング・オーガニック・Web、IT全般、旅行

店舗情報

店名:起業女性に役立つWebスキル
URL:https://womanweb.themedia.jp/

このスタイルのイメージ