なぜカラーが落ちてしまうの?色を長持ちさせるコツ

THE GLOBES OMOTESANDOの横井です。
カラーリング後の退色に悩む方のために、アドバイスします。
Loading

美容院でキレイにヘアカラーをしてもらっても、しばらくすると「退色」して変に明るくなり過ぎることがあります。

なぜ落ちてしまうのでしょうか?

そのカギはヘアカラーの仕組みにあるんです!

髪が染まるメカニズムを知って最適なヘアケアをしておけば、退色を最小限にとどめることができますよ。

なぜカラーは落ちてしまうのか?

 

なぜカラーは落ちてしまうのか?

カラーの仕組みと退色について

カラーの仕組みと退色について

美容院に行ったばかりの頃はきれいに染まっていたのに、日が経つとともに色が抜けてきたな…と感じたとき。これが「退色」です。

ヘアカラーは、髪の毛のメラニンという色素を壊す“脱色”の作用と、メラニンが壊れて空いた髪の毛の隙間にカラーの色味を足していく“染色”の2つの役割を果たしています。

健康的な髪の表面には、キューティクルというバリア的な役割を果たす細胞がありますが、水に濡れたりするとその機能がストップ。

そうすると髪の内部に入り込んだカラーの色素が、少しずつ髪の外へ流出していきます。

毎日お風呂に入ってシャンプーすることは、退色を促進させる要素のひとつになり得るんです。

 

カラーを長持ちさせるには

カラーを長持ちさせるには

シャンプーの洗浄力によって、退色のスピードが変わってきます。

シャンプーを選ぶ際には、退色やダメージを最小限に防ぐカラー用のものが◎。

カラーしたその日はシャンプーを控える、汚れや匂いが気にならない日はブラッシングだけにするなど、ちょっとした意識で色持ちが変わります。

とはいっても退色を100%防ぐことはできません。

毎日「どうケアするか」がカラーを長持ちさせるには大切です!

 

このブログのスタイリスト

横井 佑弥

横井 佑弥
ヘアデザイナー

《出身校》
山野美容専門学校

《メッセージ》
“Ready for LADY”をコンセプトに、ナチュラルなウェーブ、風になびくカット、光に透けるグレージュカラー、自然と調和するヘアスタイルをご提案します。『悩み』を『楽しみ』に変えられるお手伝いをさせていただきます。

《得意なこと》
流行と似合わせのバランスを考えた一人一人にフィットしたカラー

店舗情報

店名:THE GLOBES OMOTESANDO
住所:東京都渋谷区神宮前5-49-2 シルフィードAOYAMA2階
定休日:火曜日
TEL:03-6805-1863
URL:http://www.globes.jp/
アクセス:東京メトロ「表参道駅」B1出口から徒歩2分
平日 12:00〜21:30/土・日・祝 11:00〜19:30

このスタイルのイメージ