プロが教える「ドライヤー」の賢い選び方

こんにちは、美容師ブログライターの渡邉 佑典です。
ドライヤー選びの際に押さえておきたいポイントを伝授します。
Loading

こんにちは、美容師ブログライターの渡邉 佑典です。

お客様からよく美容室のドライヤーのように早く乾くドライヤーに買い替えたいというご相談を受けます。

では、どんなものに買い替えたらいいのか?今回はドライヤー選びの際に押さえておきたいポイントをお伝えします。

 

ドライヤーを使っている女性

家電量販店をのぞいてみると、市販のドライヤーでも数千円~1万円を超えるものまで売られています。

高価なドライヤーも増えてきて、選ぶのにもひと苦労ではないでしょうか。そこで押さえておきたいのが、ドライヤーを選ぶ基準です。

 

ドライヤーの買い替えはココにこだわれ!

さまざまな種類のドライヤー

ドライヤーに一番求めることといえば「早く乾くかどうか」という点ではないでしょうか。髪を早く乾かすには、ドライヤーの風量が必要です。

とはいえ、店頭ではデモ機がない限り判断がつきませんよね。そんなときは「ワット数」を参考にします。

ドライヤーの風量はワット数を見ればわかる

家庭用ドライヤーだと、ワット数は600~1200のものが一般的です。このワット数が高ければ高いほど、風量は強くなり髪は乾きやすくなります。

オススメは1000~1200ワットのものです。このくらいのワット数があれば、美容室で使用しているドライヤーとそう変わらないパワーがあります。

逆に1000ワット未満のものは風力が弱く、乾かすのに時間がかかってしまいます。

 

業務用ドライヤー使用は注意すべし

業務用ドライヤー

業務用ドライヤーは基本的にワット数が1200以上、高いものだと1500ワットを超えるものもあります。

1200ワットのものであれば家庭でも使用できますが、それよりも高くなると電圧の関係で使えないケースもあります。

そのため、業務用ドライヤーを使いたいのであれば、ワット数の確認を必ず行ないましょう。

 

まとめ

最近ではマイナスイオンを発生させたり、髪の毛を復元する効果があるものなど、さまざまな謳い文句の高価なドライヤーが増えてきています。

しかし、着目すべき点はまず風量です。風量を見て決めましょう。どんなに機能的なドライヤーでも乾くのが遅ければ、使いにくくストレスになってしまいます。

風量の強いものをベースにして、髪の長い方であれば補修効果が追加されているものを。髪が短い方であれば、他機能のないシンプルなものを選択されると良いでしょう。

自分にあったドライヤーを使っていくということも大切です。

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ