【ヘアドネーション】綺麗な伸ばし方とカットタイミング

こんにちは。美容師ブログライターの渡邉 佑典です。
最近、芸能人の方や雑誌のモデルさんなど有名な方々が「ヘアドネーション」を行なっている影響で、「ヘアドネーション」に関心が集まりつつあります。
Loading

『ヘアドネーション』についてお客様から質問される機会が増えてきました。

今回は「私もやりたいな!」と考えている方へ向けた内容です。

ヘアドネーションに向けて必要なのは髪を伸ばすことですが、やみくもに伸ばしていると実際のドネーション時に長さが足りなくなってしまった…というケースも。

そこで、ヘアドネーションを行なう際にどのような点に気をつけて伸ばしていけば良いのか?カットのタイミングはどれくらいか?など、ポイントを踏まえて注意点をお伝えしていきます。

 

髪の厚みを意識

ヘアドネーションに向けて髪を伸ばすのであれば“髪の厚み”を意識しましょう。

ドネーションを希望される髪の状態でよくあるのが、レイヤーを入れ過ぎていたり、梳き過ぎて毛先がペラペラになっているケース

■レイヤーが入っているケース

レイヤーが入っているケース

 

■梳きすぎて毛先に厚みがないケース

梳きすぎて毛先に厚みがないケース

この場合、長さが31cmに到達していてもすべての髪の毛が有効的に使えないことがあります。

また、この状態のまま伸ばすと髪がダメージを受けやすいですし、まとまりも出にくくなってしまいます。

ヘアドネーションに向けて伸ばそう!と決めたら、まず毛先の厚みを減らさないことを心がけましょう。

 

ミディアムになるタイミングでカット

ボブからミディアムになるタイミングで一度カットを入れましょう。

これはヘアドネーションに関わらず、伸ばし中にボブからミディアムになる際はカットを行なってください。というのも、ボブスタイルとミディアムスタイルではシルエットが異なるからです。

ボブスタイルの場合、後ろの髪は短くて前の髪が長い「前下がり」基本的なシルエット。

ボブスタイルの前下がりシルエット

それに対してミディアムスタイルは、前の髪が短くて後ろの髪が長い「前上がり」が基本的なシルエットです。

ミディアムスタイルの前上がりシルエット

つまり、ボブからミディアムになるときの長さは形が大きく変化します。ボブのシルエットのまま伸ばしてしまうと重たく、まとまりがない扱いにくいスタイルになってしまうんです。

そうならないためにも、一度カットをして顔まわりの長さを整えるとキレイに伸ばすことができます。

メンテナンスカット

顔まわりは一時的に短くなりますが、髪をキレイに伸ばしていくのには大切なポイントです。

 

半年に一度のメンテナンス

メンテナンスカット

伸ばしている途中でも、半年に一度のペースでカットをするようにしましょう。半年間伸ばしていると、毛先のばらつきや枝毛が目立ち始めます。

そうなると、髪が引っかかりやすくなったり、傷んで見えてしまうこともあるので定期的なメンテナンスカットが必要です。

キレイに伸ばすためにも年に2回、定期的なヘアメンテナンスをしましょう。

 

賛同サロンで髪を切る

ヘアドネーションを行なっている賛同サロンで髪を切るようにしましょう。

ヘアドネーションを決意したタイミングで、事前にどこのサロンで切るか決めておくと良いです。

あらかじめ決めておくことでいくつかのメリットがあります。

《メリット》

  • 髪の伸ばし方を知っている
  • そのつど長さを測定してもらえる
  • ドネーション後のカット成功率がグンと上がる

 

メリット1:髪の伸ばし方を知っている

普段ヘアドネーションをやり慣れている人は、どのように髪を伸ばしていけば有効活用できる長さにできるか知っています。

なので必要以上にレイヤーを入れたり、梳きすぎたりしないはずです。

 

メリット2:長さを測定してもらえる

「いよいよヘアドネーションができる長さに近づいてきた!」というときに気になるのが、長さが足りているかの問題。

今はどれくらいの長さなの?あとどれくらい伸ばせばヘアドネーションできるの?と、疑問に感じている方も多いはずです。

ヘアドネーション賛同サロンであれば、定期メンテナンスに通うたびに「あと何cm伸ばせば切れる」など具体的なアドバイスを受けることができます。

明確な目安を知ることで最後まで頑張って伸ばせますし、その場でヘアドネーションに関する疑問点や質問を聞くこともできます。

 

メリット3:カット成功率がグンと上がる

ヘアドネーションカット

ヘアドネーションを目標に髪を伸ばしてきて晴れて寄付ができたとしても、カット後のヘアスタイルが気に入らなければ本末転倒です。ヘアドネーションを行なう大前提は短くなったスタイルも気に入ること。

伸ばしている段階から同じサロンに通っていれば、髪質や癖の状況、施術の履歴などを把握してもらえるため、バッサリカット後の成功率はかなり高くなります。

また、スタイリストと相性が合わなさそうだなと思っても別のスタイリストを探す猶予期間もあります。ヘアドネーションを任せる人は、慎重に選びましょう。

もし近くに賛同店がなくて通えず、ヘアドネーションだけを任せる場合は、事前にブログなどのビフォー・アフターをチェックしておき、ヘアドネーションに力を入れているかを確認しておきましょう。

可能であれば、LINEなどで事前カウンセリングや質問などを済ませてから行くといいと思います。

 

まとめ

ヘアドネーションのために髪を伸ばすには、長さにもよりますが1~4年と長いスパンでの計画が必要です。少しでもキレイに伸ばせるよう、髪のメンテナンスは定期的に行ってくださいね。

また、伸ばすと決めた時点で、ヘアドネーションを任せたいスタイリスト探しを始めましょう。あなたの髪質やクセを知ってもらうためにも、この人と決めたスタイリストに担当してもらうのは早いに越したことはありません。

ヘアドネーション後も素敵な仕上がりになるよう、逆算してどこまで伸ばすか?など伸ばし方の計画を立てていくといいですよ。

ヘアドネーションのご相談も承っています。僕は東川口で活動していますが、それ以外の地域の方もお気軽にご相談ください^^

 

 

【日本初】カスタマイズシャンプー&リペア MEDULLA

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ