髪が濡れたまま使うのはご法度!ヘアアイロンの正しい使い方

こんにちは、ワタナベです。
湿気が高く、厳しい暑さが続いていますね。
いつもヘアアイロンを使ってセットしている方はもちろん、アップスタイルやまとめ髪をするために、この時期はストレートアイロンやコテが必須!という方も多いはずです。
そんな中、お客様から受けたヘアアイロンに関する素朴な疑問にお答えします。
Loading

ヘアアイロン

Q:濡れたままの髪にアイロンをしていいの?

答えは『NO!』です。

SNSや仲間内で、濡れたままアイロンをするとキレイに巻くことができたり、かたちがつくという話があるようですが…それは迷信です。

濡れたままアイロンをすると髪に負担がかかります。熱がうまく伝わらないためにかたちもつきにくくなります。

 

濡れた髪にアイロンをすると危険

髪が傷むヘアアイロン

髪の毛が濡れている状態というのは、髪の毛の中に水分が残っている状態です。

そこに高温のアイロンをかけてしまうと、髪から水分が一気に蒸発してしまい髪の毛の中で“水蒸気爆発”が起こります。

髪に良いことはひとつもありません。このアイロンによる水蒸気爆発を繰り返すことで、キューティクルに負担がかかることはもちろん、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

そうすると、見ためにも美しさは失われてしまいます。

アイロンを利用するときは、髪をしっかりと乾かした状態でかけるようにしましょう。

 

濡れた髪ではアイロン効果が半減!?

濡れた髪ではアイロン効果が半減

濡れた状態と乾いた状態では、髪に伝わる熱の量が異なります。

ある実験によると濡れた状態の髪は、乾いた状態の髪よりも伝わる温度が半分以下になるというデータも出ています。

つまり、乾いた髪にアイロンをかけたほうが、熱がしっかりと伝わるのでカールなどかたちをつけやすくなります。

 

負担をかけずにアイロンをかけるコツ

(1)アイロンの温度に気をつける

アイロンやコテを毎日使用するなら、温度は130℃前後がおすすめです。

「いや!そんなんじゃきかない!」という方は、せめて150℃を限度にして使いましょう。

毎日アイロンを高温で使用すると、熱で髪の毛のたんぱく質が変性を起こしてしまいます。ダメージを受けるどころか、カラーが綺麗に染まらなくなってしまったり、パーマがうまくかからないなんてことも起こります。

また、カラーやパーマのもちも悪くなってしまいます。毎日使用するのであれば、温度に気をつけましょう。

 

(2)巻く前に髪を保護する

ヘアトリートメント

アイロンの熱が髪にダイレクトに当たってしまうと、髪にかかる負担も大きくなります。

アイロン用のスプレーやオイルトリートメントなどを使って、髪を保護してからアイロンをかけることで髪にかかる負担が和らぎます。

 

まとめ

ヘアアイロン

  • 髪が濡れたままアイロンをすると負担大!
  • 髪が濡れたままだとアイロン効果は半減!
  • アイロンの温度は130℃~150℃
  • アイロン前にスタイリング剤やトリートメントを使う

アイロンが活躍する時期だからこそ、しっかりと使い方やリスクを理解したいところですね。

アイロンを正しく使って、オシャレなヘアスタイルを楽しみましょう!

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ