リンス・コンディショナー・トリートメントの違い分かる?

こんにちは。頭皮への負担を考えたヘアカラーを提案する美容師ブロガー、渡邉佑典です。
リンス、コンディショナー、トリートメントの違いって何かご存知ですか?
Loading

こんにちは。頭皮への負担を考えたヘアカラーを提案する美容師ブロガー、渡邉佑典です。

サロンでお客様によく聞かれる質問があります。

「リンス、コンディショナー、トリートメントの違いって何ですか?」

知っているようで、実はあまり良く分からずに使っている人が多いこの3つ。解説していきます。

 

リンス・コンディショナー・トリートメントそれぞれの役割

リンス、コンディショナー、トリートメント。同じように見えるこの3つには、それぞれ異なる役割があるんです。

 

【リンス】

リンスには髪の毛をコーティングする作用があります。

髪の外側を保護するのでギシギシときしむ髪の指通りや手触りは良くしますが、内部補修効果はあまりありません。

 

【コンディショナー】

リンスの成分をベースに、内部補修効果がプラスされているのがコンディショナー。

リンスと同じように髪のきしみを抑え、手触りを良くします。

 

【トリートメント】

リンスやコンディショナーよりも、髪の内部を中心に補修効果があります。

髪の毛の内部ケアとダメージを補修してくれる効果があるので、カラーやパーマ、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱で負担を受け流出した栄養を補い、髪を保湿する役目も。

最近ではコンディショナーの要素を持ったトリートメントがある他、カラーやパーマをした髪に向けた専用のトリートメントなど種類が豊富にあります。

 

自分の今の髪に合ったものはどれかを知ったうえで選ぶといいですね。

 

クリップクリップ リンス トリートメント コンディショナー 違い ヘアケア ヘアケア製品 スタイリング剤

 

リンス・コンディショナー・トリートメントの効果を上げる使い方

せっかく良い製品(リンス、コンディショナー、トリートメント)を持っていても、効果的な使い方をしていなければもったいないです。

 

・水気を切ってから

髪に水分が残ったままだと効果が半減してしまいますので、シャンプー後にしっかり水気を切ってから使いましょう。

 

・髪の中間〜毛先につける

根元のダメージケアもしようと、頭皮からつける方が稀にいらっしゃいますがNGです。毛穴が詰まる原因になりますので、必ず頭皮は避け髪の中間から毛先にのみつけます。

 

・粗めのクシでコーミング

一箇所にかたまらないよう全体に均一につけたら、粗めのクシでとかしましょう。シャンプー後の髪の毛は絡まりがちなので、このひと手間で手触りに差がでます。

 

・しっかりすすぐ

髪に残留すると逆に髪を痛めます。しっかりすすぐ習慣をつけてください。

 

リンス・コンディショナー・トリートメントの置き時間

リンス・コンディショナー:すぐに流してOK

トリートメント:2〜3分ほど置くと効果的

 

リンスとコンディショナーは、外部にくっつくことで作用するため軽くコーミング後はすぐに流しても問題ありません。

それに対しトリートメントは、髪の内部に浸透することで作用します。2〜3分ほど浸透時間を与えると効果的です。

 

ぜひご参考にしてください!ご相談も承ります。

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ