ジアミンアレルギー発症…やりたい髪色を楽しむには?

こんにちは。頭皮への負担を考えたヘアカラーを提案する美容師ブロガー、渡邉佑典です。
今日は、自宅でヘアカラーを繰り返しているうちにジアミンアレルギーになってしまったお客様が、刺激を受けずにカラーリングを楽しめるようになった実例を紹介します。
Loading

こんにちは!東川口エリアで活動中の美容師、渡邉 佑典です。

今回のブログは、ジアミンアレルギーを発症された方でもヘアカラーを楽しむことができるということを実例とともにご紹介します。

 

ジアミンアレルギーを発症した訳

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

こちらのお客様は、育児に忙しかったこの1年ほど、ご自宅でヘアカラーを繰り返していたそう。ある時、突然激しいかゆみに襲われたので、他のメーカーのヘアカラーに替えるとさらに症状が悪化。皮膚科を受診したらジアミンアレルギーと診断されたとのことです。

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

最後に染めてから2ヶ月ほど経過。元々ハイライトが入っているため、全体的には明るさを感じます。

ここから、お客様のご要望に近い状態まで持っていきます。

 

 

最適なノンジアミンカラーの提案

【お客様のご要望】
・暗すぎるカラーはイヤ
・白髪をカバーしたい
・カラーの変化も楽しみたい

ヘナカラーやマニュキアなどでも染めることは可能ですが、今回のお客様には『塩基性染料』を用いたノンジアミンカラーをご提案。

【塩基性染料の特徴】
・多彩なカラーが可能
・白髪を根元から染められる
・ライトナーを併用すれば明るくできる

デザイン性を求めているお客様のご要望にお応えできる染料です。

 

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

まずは、ライトナーを使用して根元の黒い部分を明るくします。

ここで注意しておきたいのが、ライトナーによる刺激です。アルカリ剤や過酸化水素水が含まれているライトナーは、アレルギー反応は出ないものの刺激を受ける方もいらっしゃいます。

頭皮への保護を行い、さらにゼロテクというコームで薬剤を塗布していく技法で染めていきます。

お客様に確認したところ、まったく刺激を感じないとのことでした!問題はなさそうでひと安心です。

一度流してから、根元部分には白髪を染めるノンジアミンカラー、毛先部分には春らしいグレーアッシュのノンジアミンカラーをそれぞれ塗布していきます。

 

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

ジアミンアレルギー ヘアカラー カラー剤が染みる

根元部分は明るく染まり、毛先にはグレーベースの色味が入りました。白髪もしっかりと染まってくれ、お客様にも大変ご満足いただきました。

 

ジアミンアレルギーの方でも、ご要望に合わせてヘアカラーを楽しむことは十分に可能です!

もし、同じように悩まれている方がいらっしゃればお気軽にご相談ください。

 

 

このブログのスタイリスト

渡邉 佑典

渡邉 佑典
スタイリスト/トップカラーリスト

《出身校》
ベルエポック美容専門学校

《メッセージ》
現在、フリーランスで活躍しているスタイリスト/トップカラーリスト。

360度どの角度から見ても綺麗な美フォルムカットは、お客様から高い支持率を得ている。
ひとりひとりの骨格に合わせてスタイルをつくることで、どんな方でも似合うショートヘアを武器に活躍中。

また、大人の女性に提案するパーソナルカラーは「似合っている」「色持ちがいい」「ダメージが少ない」の3つのポイントがお客様からの人気の秘訣。

《得意なこと》
ショートヘア、縮毛矯正、ノンジアミンカラー

店舗情報

店名:SOCO.南浦和
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-28-3サンライズ南浦和1F
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000372428/
アクセス:JR南浦和駅東口より徒歩3分

このスタイルのイメージ