風邪っぽいなと感じたときに効果的な食材

白金美容薬膳主宰の吉原典子です。
寒くなってきて風邪ひきさんが増えてきました。
早めに対策できる食材を紹介します。
Loading

白金美容薬膳主宰の吉原典子です。

すっかり冷え込む毎日になりましね。空気が乾燥して冷えてくると「風邪」をひいてしまうかたが多くみられます。

風邪の要因は色々ありますが、夏の間に冷たいものを暴飲暴食して冷やした結果、身体を温める力が弱まっていることが考えられます。

身体を冷やすものは避け、温かい飲食、消化の良い調理法で消化機能を高めましょう。

 

風邪をひいてしまったら?

風邪の症状はいくつかあります。主な症状別にみてみましょう!

 

【熱は高くないけれど寒気が強い場合】

風邪のひきはじめに多い症状ですね。

上記の他にも
・身体の節々が痛い
・くしゃみ、水っぽい鼻水
・汗はかかない(寒気が強い)

このような症状の方はしっかり身体を温め、汗を出してウイルスを発散させましょう。

オススメの食材は辛味があり、身体を温める食材です。
・生姜
・紫蘇
・ネギ
など。

薬膳茶 インナービューティ
【熱が高くなってしまったとき】

・熱が高い状態
・咳が出る、のどの痛み
・痰が黄色い

私たちの身体がウイルスと戦っている状態。

上がってしまった熱を下げるには、辛味があり身体を冷やす(身体の熱を下げる)食材が効果的です。

・薄荷(ミント)
・菊花※
・緑茶
・梨
など

※菊花はドライハーブのものが常備しやすいです

 

飲みにくいと感じるかたが多くいらっしゃいますが、緑茶とブレンドするとさっぱりいただけます。

風邪のときだけでなく、花粉症で目のかゆみや熱っぽさを感じるときにもおすすめの薬膳茶です。

 

発汗を促し熱を冷ます食材

『葛根湯』で有名な漢方薬の原料でもある「葛(くず)」は、発汗を促し熱を冷ます作用があります。

身体の節々が痛い、ゾクゾクした寒気がするときなど、風邪の初期症状に◎。生姜のすり下ろしたもの、シナモンの粉末、黒糖などお好みで身体を温める食材をプラスした葛湯がよいですよ。

ぜひお試しくださいね。

 

風邪をひくと体力を消耗してしまいます。

食欲が回復したら、気(エネルギー)を補う作用のある穀物でお粥から始めてみてください。そして、しっかり休息し体力を回復させましょう。

 

このブログのスタイリスト

吉原 典子

吉原 典子
白金美容薬膳主宰

《出身校》
日本中医食養学会
薬膳コンシェルジュ協会

《メッセージ》
若い頃は不摂生から未病(病名がつかない、病気ではないけれど何となく不調)の状態が続いていました。ある日、体調を崩して入院した病院がきっかけで東洋医学に出会い勉強を始め、今に至ります。
以来、薬に頼らず日々の食事やお茶で養生する事を大切にしています。
急にライフスタイルを変えるのは難しいけれど、日々の生活に薬膳茶を取り入れたり、旬のものを積極的に食べたり、小さなことから少しずつ変えていく、そんなお手伝いが出来たらいいなと思っています。

《得意なこと》
朝活、早起き、旅行、書道、犬の散歩

店舗情報

店名:白金美容薬膳
URL:https://norikoyakuzen.themedia.jp/

このスタイルのイメージ