健康な髪に適したシャンプー&トリートメント比率

みなさん、こんにちは!
オシャレな街のオシャレなサロンのおかしな美容師こと、ヘアケアアドバイザーのニワちゃんです♪
今回は健康的でヘルシーな髪を目指すべく、シャンプーとトリートメントの使用量のお話です♪

健康的な髪に必要な「オイルバランス」

DO-Sシャンプー&トリートメント

お客さんの髪を見たり触ったりするとき、中庭はいつも髪の「オイルバランス」に注目しています^ ^

「オイルバランス」とは髪が持っている油分量、つまり“しっとり感”のこと。

中庭は“さらさら”でちょっぴり“しっとり”が好みの油分量。それくらいが一番、髪が健康的だと感じるんです^ ^

「オイルバランス」は、使っているシャンプー&トリートメント(シャントリ)によって変わります。

適正なシャントリ量の比率

市販のシャンプー&トリートメント

もっと言えば、同じシャントリを使っていてもシャンプーの仕方と髪につけるトリートメントの量によって「オイルバランス」は変わってくるんです。

基本的にシャンプーとトリートメントは同量で販売されていますよね^ ^ シャンプー500mLだったらトリートメント500mLのように。

このため、多くの方は「シャンプーとトリートメントを均等(同量)に使おう」という心理が働き、トリートメントをつけ過ぎる傾向があります。

ずばり、トリートメントをつけ過ぎた髪はヘルシーではありません。

ヘルシーな髪を目指すなら、目安量を知ること。中庭の考える適正なシャントリ量はこんな感じです。

■シャントリ使用量目安(健康毛の場合)

ロング~ミディアム→シャンプー3:トリートメント1

ボブ~ショート→シャンプー5:トリートメント1

つまり、ロング~ミディアムの長さの健康毛ではシャンプー3本に対してトリートメント1本程度の使用量が適正です。

健康的な髪

むしろ健康毛であるならば、トリートメントはなくてもいいです。「素」の状態の髪でも、まとまりも艶も出ます。

もし、この使用量で髪がまとまらないのであれば、原因はトリートメントの量ではなく「髪の扱い方」にあるといえるでしょう。

ちなみにダメージ毛であっても、

ロング~ミディアム→シャンプー2:トリートメント1(もしくは3:1)

ボブ~ショート→シャンプー3:トリートメント1(もしくは4:1)

こんなもんです^ ^

最後に洗い方の確認を

シャンプーの仕方

シャンプーはしっかり毛先まで泡だてること(できれば5分程度、泡パックして時間を置きましょう)。

よ~くすすいだ後、先ほどの目安を基準に適量のトリートメントを毛先につけてなじませます。

そしてトリートメントのすすぎは、どれくらい髪に油分(トリートメント)を残すか?という視点から考えてすすぎましょう^ ^

Dresshair中庭

皆さまが健康的でヘルシーな髪になりますように♪

今回はここまで!ってな、ちん!!

このブログのスタイリスト

中庭 廣明

中庭 廣明
トップスタイリスト

《出身校》
大阪ベルェベル美容専門学校

《メッセージ》
見た目はハイリスク。
でも実は寡黙で職人気質な美容師ニワちゃんです♪
髪に悩みやコンプレックスを抱えている人を喜ばせたい!
そして自分の髪を好きになってもらいたい!
髪をとおして毎日をHappyで豊かに過ごしてもらうお手伝いをするのが僕の使命です^ ^

《得意なこと》
『中庭オリジナルヘアケア理論』
トリートメントではなく「髪の扱い」であなたの髪はもっと綺麗になるんです♪

店舗情報

店名:Dress hair
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-2-16-1F
定休日:火曜・月曜日(不定期)
TEL:03-6412-8700
URL:http://dresshair.net/
アクセス:東急東横線「代官山駅」東口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」5番出口 徒歩3分
JR山手線「恵比寿駅」西口 徒歩6分
月~金 11:00~21:00/土・日・祝 10:00~20:00

このスタイルのイメージ

HAIR

Favorite