サロンのトリートメント本当に合ってる?もうひとつの選択肢「どSシャンプー編」

どうも、中庭です!
これまで「被膜トリートメントの弊害」と「素髪理論」について書いてきました。
今回はじゃあ素髪になったらどうなるの?ってお話です。核心にせまっちゃいます。
Loading

さて、前回までのおさらいはこちら。

①「被膜トリートメントの弊害」

②「素髪理論」

今回は素髪のベースをつくる、シャンプー&トリートメント(通称:シャントリ)のお話です。

そのシャントリの名前はDO-Sシャンプー(デューエスシャンプー)。

 

通称どSシャンプーですw

これです ↓
DO-Sシャンプー(デューエスシャンプー)

容器がシンプルで写真がさみしいからDress hairマスコットキャラのタイガちゃんと撮影しましたw

このシャントリのコンセプトは「髪に必要無いものは一切入れない」というもの。いたってシンプルでしょ♪

  • シャンプーは髪と頭皮の汚れをしっかり落とす
  • トリートメントは髪の中にたっぷり浸透するだけで被膜をはらない

ただ、これだけなんです。

特別な成分や新しい原料を配合しているわけではなく、容器の成分表示を見たら材料表記めっちゃ少ないです(笑)
しかも、値段はお安め♪
でも、実際に使ってみると髪がめちゃくちゃ軽いのにしっとりまとまってしまうからホントに不思議なんです!

 

理屈は簡単♪

しっかりシャンプーの洗浄成分(強め)で髪の表面のシリコンやポリマーを取り去ります

トリートメントを化粧水のようにぎゅんぎゅんと髪に染み込ませます(洗い流さないトリートメントにも使います)

素髪の完成♪

従来の被膜系のシャントリは髪の中に栄養を入れ、それが逃げないように疑似キューティクル(被膜)をつくって髪を覆い、手ざわりと持ちを良くするのが狙いでした。

しかし、トリートメントの持ちを良くしようとすればするほど、髪に被膜が重なって逆にダメージになっていくという負のスパイラルに…。

だから、このシャンプーはトリートメントに持ち(※被膜)は求めず、毎日髪をすっぴん(素髪)にしてあげることが目的。
そうすると、素肌美人のように自分の髪が素髪に生まれ変われるんです。

この「素髪方程式」、言われてみれば納得!
シンプルで理にかなってます。

ただし、今まで市販のシリコン系シャンプーを使っていた方は、髪を覆っているであろう被膜が重なっていて強いので「被膜はがし」が必要です。
ということで次回は、市販の人気商品Kを長年愛用していたモデルさんの髪をDO-Sシャントリで「被膜はがし」!
その名も「ドエスターゼ」を行ってみたいと思います。

このブログのスタイリスト

中庭 廣明

中庭 廣明
トップスタイリスト

《出身校》
大阪ベルェベル美容専門学校

《メッセージ》
見た目はハイリスク。
でも実は寡黙で職人気質な美容師ニワちゃんです♪
髪に悩みやコンプレックスを抱えている人を喜ばせたい!
そして自分の髪を好きになってもらいたい!
髪をとおして毎日をHappyで豊かに過ごしてもらうお手伝いをするのが僕の使命です^ ^

《得意なこと》
『中庭オリジナルヘアケア理論』
トリートメントではなく「髪の扱い」であなたの髪はもっと綺麗になるんです♪

店舗情報

店名:Dress hair
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-2-16-1F
定休日:火曜・月曜日(不定期)
TEL:03-6412-8700
URL:http://dresshair.net/
アクセス:東急東横線「代官山駅」東口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」5番出口 徒歩3分
JR山手線「恵比寿駅」西口 徒歩6分
月~金 11:00~21:00/土・日・祝 10:00~20:00

このスタイルのイメージ