2018年春のモテ顔「オレンジメイク」

スタイリストマガジン『CLIP'CLIP』編集部です。
2018年春メイクで注目したいのが「オレンジ」。
目が腫れぼったくなっちゃわない?と不安な方も、「#ナベメイク」をお手本にすれば大丈夫です!!
Loading

2018年春メイクにおけるトレンドカラーのひとつが「オレンジ」です。表参道にある美容院『AnZie』のトップスタイリストであり、美容誌をはじめ複数メディアで「#ナベメイク」が特集される超人気ヘアメイクアップアーティストでもある渡辺一正さんに、オレンジを使った春メイクのポイントを教えていただきました。

 

「オレンジメイク」HOW TO

この春は、オレンジに何かカラーを足していくのが可愛いメイクだと話す渡辺さん。最近のお気に入りは、RMKのリキッドタイプのアイシャドウとのこと。HOW TOの②でも使用。

①筆を使って眉を描く

②アイシャドウを広めに入れ、ブラシを使って左右に伸ばし、まぶた全体になじませる

③シャドウの境目をぼかすためにスポンジを使うとよりなじむ

④二重の幅にラメ感のあるブラウンシャドウを入れる。ダークなものより赤っぽいブラウンの方がオレンジとのなじみが良く、キュッと目が締まる効果も

⑤スティックタイプのブロンザーで、顔の脇と頬骨に沿わせた辺りに縦の三角形をつくるように(下の画像参照)シェーディングを入れ、スポンジでなじませる

⑥目尻に“くの字”、眉下の目頭部分、小鼻にハイライトを入れる

⑦下まぶたにブラシでブラウンのシャドウを、目尻にのみブラウンのアイライナーを入れる

⑧チークは髪がどのくらい顔にかかるかを見てから入れていく。こうすると、つけ過ぎやヘアスタイルとのアンバランスを防げる

⑨リップは唇の山を丸くするよう筆を使って塗っていく

⑩動きが出るようヘアアイロンで髪を巻く

⑪束感やツヤ感を出すためにオイルでスタイリング。さいごにスプレーで固定すれば空気を含んだようなふわっとした仕上がりに

ヘアメイクのあとは、渡辺さんによる撮影も♪

 

「#ナベメイク」ポイント

AnZie渡辺

同じようなメイクでも仕上がりに差が出るのは、クマ消しやシェーディングなどを丁寧にやったかどうかなんです。顔を裁断して考え、高低差を意識して入れることが重要。今回のメイクを例にすると、高低差の“高”が⑥のハイライトを入れた部分で、“低”に当たるのが⑤のシェーディングです。メイクはシンプルでも、こういった重なりをしっかりやるだけで見栄えが全然違ってきます。

意外と意識しない唇の山にも注目して欲しいです。「角をつくる」と、頭が良さそうな知性的な女性になり、「丸くする」と優しい可愛らしいイメージになります。唇の山をつくった方が格段に色気が出るので、ぜひ筆で描いてください!

 

モデルは大阪のグルメアイドル♪

今回モデルを務めたのは、大阪を中心に活動するグルメアイドル『GourDollS(ぐるどるず)』の新稲みかん(通称:みかぱん)さん。投票者も一体になれる参加型オーディション『mine』で募集したCLIP’CLIPモデルオーディションにて、見事グランプリを獲得したみかぱんは、ラーメンをこよなく愛し、美容師免許を保有する異色のグルメアイドルです。

『GourDollS(ぐるどるず)』は現在6人のメンバー構成で、グルメに特化したアイドルグループ。飲食店で働いた経験のあることが、メンバーになれる条件のひとつなんです。近い将来、オリジナルの曲を出すこと、関東へ進出することなどを目標に掲げ、絶賛レッスンに励むメンバー。今年の8/13には、大阪梅田の「amHALL」で一周年記念ライブを開催するなど、今後の活躍に期待が高まります。

 

AnZie渡辺さんへのご予約はこちら

このブログのスタイリスト

スタイリストマガジン『CLIP'CLIP』編集部です。

店舗情報

店名:CLIP'CLIP
URL:https://clipclip.peatix.com/view

このスタイルのイメージ

CATEGORY

Favorite