NEWS CLIPビューティーニュース

人が本来持っている肌機能を高める「月美容」

HANAオーガニック アーユスオイル 月美容

2017年「中秋の名月」は10月4日(水)です(満月は10月6日)。月には不思議なパワーがあり、昔から人々に崇められてきました。特に女性のカラダは月のサイクルと強い結びつきがあると言われています。月と女性の関係や、月を味方につけた「月美容」について、HANAオーガニック創設者である林田七恵さんに教えていただきました。

HANAオーガニックとは

人が本来持ち合わせる肌の機能を高めるためには、科学的アプローチのみでは限界があると考え、古くから伝わる伝承療法にも着目し、オーガニック処方でホリスティックに働きかけることを目的としたコスメブランドです。

【HANAオーガニック10の約束】
①95%以上は天然由来成分、またはスキンケアの植物原材料の85%以上はオーガニックのものを使用します。
②植物原料の産地、オーガニック認証などを明確に表記します。
③遺伝子組み換え操作を行った植物は使用しません。
④石油系合成界面活性剤は使用しません。
⑤カルボマーなどの合成ポリマーは使用しません。
⑥石油由来の成分は使用しません。
⑦パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤を使用せず、植物が持つ天然の防腐効果を利用します。
⑧植物エキスの抽出に石油系溶剤BG、PGなどを使用せず、発酵エタノール、植物性グリセリン、スクワラン、水などを使用します。
⑨石油系合成着色料であるタール色素の原料は使用しません。
⑩安全性が確定していないナノテクノロジーを利用した無機物の微粒子(100nm以下)の原料は使用しません。

HANAオーガニック アーユスオイル 月美容

アーユスオイル 20mL  4,762円(税抜)

肌機能を高める「月美容」

月美容とは、月の満ち欠けが与える影響を味方につけた美容法のこと。月と呼応して、自らが持つ”美しくなる力”を高めていきます。

【月の満ち欠けによる影響】
満月から新月に向かうサイクルと、新月から満月に向かう2つのサイクルを軸にした月美容。

★満月→新月★
月と太陽の引力が同じ方向に地球を引っ張るのが新月。溜め込んでいたものを放出し蓄える力が落ちる時期なので、代謝が高まり(=ダイエットお勧め期間)むくみやくすみがなくなります。その一方で乾燥しがちになるので、十分な保湿が必要。

★新月→満月★
月と太陽の引力が引っ張り合い地球が緊張状態にあるこの時期は、水分や栄養分を溜め込みやすくなります。肌は潤いますが、場合によっては皮脂過多ぎみになったり炎症を起こす場合も

HANAオーガニック アーユスオイル 月美容

 

【月美容のやり方】
満月から新月のサイクルを「デトックス期」、新月から満月のサイクルを「アクティブ期」としています。

★デトックス期★
いつもよりもしっかり保湿しましょう。デトックス効果のあるハーブを配合した「アーユスオイル」でリンパマッサージをしたり、5〜10滴ほどオイルを入れた湯船でマッサージをしながら全身をリラックスさせると代謝がアップ。

★アクティブ期★
肌が潤ってくる反面、吹き出物や炎症が起こりやすく揺らぐ時期。抗炎症作用の高い「ホワイトジェリー」や常在菌のバランスを整える「ムーンナイトミルク」でケアをすると鎮まります。

 

上記で出た常在菌は、敏感肌にも乾燥肌にも、そしてシミやしわにも深い関係があります。腸内には100兆個、肌の上には1兆個といったように、人のカラダには無数の菌が存在。このバランスを整えることが、美肌にとっては不可欠なんです。

さいごに、肌の善玉菌を増やすために実行したい菌活が次の3つ。
・強すぎる防腐剤入りのコスメを避ける
・洗浄剤はやさしい成分のものを使う
・善玉菌を育成する天然成分入りのコスメを使う

たとえばオリゴ糖や、ブルガリアのダマスクローズウォーターなど。HANAオーガニックではこういったこだわりの成分を配合しています。秋の夜長は月の満ち欠けを味方に、本来持ち合わせている肌の美力を底上げしましょう。

 

※番外編の編集部ブログはこちら

このスタイルのイメージ

HAIR

Favorite