自分の「糖化レベル」を把握してますか

内側のケアも外側と同じくらい重視している編集長の佐々木です。

食べ物に気をつけるようになったのは、幼稚園に入る前からです。まあその頃は自分が気をつけるというよりも、母が一生懸命に娘の健康を想ってくれていたというべきですが。どういうきっかけで母が食品添加物に関して興味を持つようになったのかは定かではありませんが、極力カラダに害のないもの、原材料が明確でシンプルなものを与えるよう努めていたのを、幼いながらも理解していました。

もちろんCMに出てくるような有名企業のお菓子も食べていましたし、たまにジャンクフードを買ってもらえることもあって、そんなときはちょっとテンションあがっていましたけれど。なんとなく母がやっていた意識って染みつくんでしょうかね。自分で自由に買い物ができるようになってあらゆる食品を試してみても、やっぱりカラダに良いものの方が心地良く感じることに気づきます。

あるときから、母よりもずっとずっと健康にうるさく(自分ではそれほどでもないと思っているけれど笑)なった私が、10年近く実践していることを挙げてみます。

・野菜やスープ類から手をつけ、ご飯は最後
・白い砂糖を使ったものは避ける
・自宅に砂糖や小麦粉を置かない
・グルテンを含んだ食品を避ける
・化学調味料や得体の知れない甘味料を避ける

ただし、アレルギーを持っているわけではないし人とのお付き合いを大事にしたいから、外食時はフリーにしています。そんなに大したことをしているつもりはないのですが、普段からコンビニ食やジャンクフードにまみれている人からしたら厳しいかもしれません。

…と偉そうに書いている私を叩きのめすことが先日ありました。最新のCLIP’STYLEでインタビューさせていただいた山崎まいこ先生のクリニックで、本文でも少し触れている体内の「糖化レベル」を調べてもらったときのこと。

ホリスティック医療 アンチエイジング サプリメント 糖化レベル AGEs

施術ルーム

ホリスティック医療 アンチエイジング サプリメント 糖化レベル AGEs

私服のまいこ先生、色っぽいです

ホリスティック医療 アンチエイジング サプリメント 糖化レベル AGEs

糖化レベル測定機器

食べる物に気を配っているから、余裕で理想的な数値だろうなと高を括っていたら、あらビックリ。

ホリスティック医療 アンチエイジング サプリメント 糖化レベル AGEs

ホリスティック医療 アンチエイジング サプリメント 糖化レベル AGEs

まさかの高レベル♪って喜んでいる場合ではないんです。どうやら私の場合は運動不足によるものらしいのですが、この結果をみて思ったのは、いくら食べ物に気をつけていてもそれだけでは不十分なんだなってこと。毎日毎日、交通機関の階段をあれだけ昇り降りしていてもか…とどんより。お金は貯まらないのに、脂肪とか余計なものは溜めやすい体質なんですね、きっと。

まいこ先生のお話をお聞きしていて出てきたキーワードは、やはり「腸内環境」。先生に限らず、美容に精通している人は必ず言います、「腸内環境を整えましょう」って。すごく大事な割には、ダメな人があまりに多いんだな、ということでもあるんじゃないでしょうか。腸の機能が正常でなければ、いくらいい物を食べても吸収されないから効果が半減しますし、肌の調子が悪くなるからメイクが映えません。何をどうしたらいいのかわからない人は、まいこ先生のような専門家に相談してみるのもひとつの手。どうせなら、カラダにいい事をし、いい物を食べたいものです。

このブログをご覧のアナタは腸に自信がありますか?

なりたいキレイを叶えるスタイリストマガジン「CLIP'CLIP」の編集部が発信するブログです。取材の裏話や今ハマっている“キレイを叶える”モノなど、編集部員の日常を綴ります。

HAIR

Favorite