CLIP'STYLEインタビュー

日本の美容をもっとアツく!「あつくるし会」5人が伝えたい大切なこと

『あつくるし会』

あつくるし会とは「美容の楽しさのキッカケを作る」をコンセプトに、森山章弘@limoa、中島義宗@SENSE Hair、辻川桂子@Dress hair、中庭廣明@Dress hair、泉脇崇@Lomaliaの5人のスタイリストが集い、志の高い同業者を巻き込んで美容業界を盛り上げていこう!という“あつくるしい”想いを胸に活動するグループである。今回CLIP’CLIPでは、あつくるし会発足の裏側や2018年の抱負を聞くべく座談会を決行した。

写真左から
中島義宗(なかじー)、中庭廣明(庭ちゃん)、森山章弘(森ちゃん)、辻川桂子(つっちー)、泉脇崇(ワッキー)

メンバーの関係性と、あつくるし会発足に至った理由

辻川:庭(中庭)ちゃんだよね発起人。

中庭:実は僕、全然あつくないんですけど。

一同爆笑

中庭:はじめて皆が集まったミーティングで僕は食べるだけ食べて、じゃ「やりましょう」って流れに。

中島:関係性で言うと、僕とつっちー(辻川)が大阪のサロンで一緒だったのと、森ちゃん(森山)とは東京に出てきたときに入社したサロンで先輩と後輩の関係だった。

中庭:僕とつっちーが前のお店の同期。

泉脇:僕だけ同じ穴のムジナじゃないんです。

中島:ワッキー(泉脇)は僕とだけ繋がりがあったんだよね。

泉脇:そうです。なかじー(中島)さんが前にいた会社の社長と知り合いでした。

中庭:6年前、東日本大震災のボランティア活動で「青空美容室」というのに参加して、色んな美容室の垣根を超えた団体だったんですが、そのときワッキーと知り合いました。あつくるし会をやろうという話になる前に5人がはじめて集まったのが、2016年の11月にあったブログ講習会。僕とつっちーがブログ講習をさせてもらい、そのサポーターをなかじーさんがやってくれて、その時に森ちゃんとワッキーが見に来てくれてたんだよね。で、話しているうちに「世代も近いし1回皆で飲みますか」って言って集まったのが最初。

森山:そのとき「何か一緒にやりませんか」って話になって、「セミナーみたいな感じでやったらどうですかね」からどんどん盛り上がって「じゃ、やっちゃお」って。ほとんど見切り発車だよね。

中庭:ここカットね。

一同爆笑

中島:皆の唯一の共通点がブログ。ワッキーはすでにSNSで発信することに力を入れていたし、こういう集まりがきっかけで本格的にブログをはじめた森ちゃんがいたから、そういう経緯も含めて「“自己発信”をベースにした何かを伝えられたらいいね」って話してたよね。今までのセミナーって、ディーラーさんとかが間に入ってやるものばかりだったけど、自分たちで企画して集客するのは新しいし面白いなと。「せっかくだから試しにやってみよう」って話していた2ヶ月後、すぐに第一回目を開催した。

泉脇:すぐできたのには理由があるんです。ディーラーさんやメーカーさん通さなくても、ブログやFacebook使って告知すれば自分たちでもやっていけるという可能性を知っていたから。自分たちだけでやるメリットは、スピード感や自由さがあるところです。

それぞれのブログ歴と、主に発信している内容について

中島:2月でちょうど3年になります。サロンオープン当初は、いわゆる“クーポンサイト”を使ってたんだけど、他に何かないかなって考えてたらWeb集客とかSNS集客とかブログ集客という方法に行き着いた。色々探してるうちに、つっちーや庭ちゃんのブログを見つけたんです。それでつっちーに話を聞きに行ったのが、ブログをはじめたきっかけ。1年くらいは、ただただ真似してやってました。

辻川:私が「最初は真似でいいんですよ」って言ったんですけど、真似にもほどがある(笑)。完全コピペでしたよね。

中島:写真だけ自分のものに差し替えて、あとは「つっちーです」を「なかじーです」にしたくらい。すぐにつっちーからLINEきた。

辻川:そのまんますぎでしょって(笑)。

中島:僕、そのくらいブログの書き方が分からなくて。お客さんが来店してから施術して帰っていくまでの一連の流れをベースにしたブログを、とにかく真似していった。

泉脇:僕は9年です。書き始めのブログは、とりあえず胸元開いてるTシャツ着とけばいいやって頃で、何かを残したいとギラギラしていたからもう二度と見たくないくらい恥ずかしい内容。

辻川:はじめたのは2008年で、毎日更新するようになったのは5年前からです。誰に向ける訳でもなくただ記録を残したかったという感じ。“共感”という言葉をいつも大事にしていて、営業中もお客さんの話を聞きながら「うん、わかるわかる」ってうなずくし、自分もそうだったよとブログの中でも意識的に書いてます。

森山:毎日更新するようになったのは、ブログ講習を受けた次の日から。その2,3年前から何となくやっていたけど、伝える相手を定めてなくて。“集客”を考えたときに、うちのお店のコンセプトとしてクーポンサイトは利用したくなかったから、何かいいものないかなと思ってたどり着いたのがブログだった。

泉脇:(カメラマンに)インタビュー中に写真撮ってるこういう姿も撮影しておいてください。これがブロガーなんだって(笑)。

辻川:人がしゃべってる最中なのに撮るっていうね。

一同爆笑

中庭:僕は5年前から書いてます。ブログで伝えたいことは……こっからすごくあつくるしくなっちゃうんですけどいいですか。

辻川:あつくるし会だからいいんだよ。

中庭:髪に悩んでいるすべての女性を救いたいんです。お客さんて、自分の髪にコンプレックスとか悩みを持っている人がすごく多い。でもそのほとんどが、簡単なことで改善できるものばかりなんです。それを知ってもらいたくてブログを書いてるんですが、それでも同じ悩みが尽きない。たとえば髪が絡まりやすい人の共通点はクシでとかしてないんです。「クシで髪とかしてますか?」って聞くとたいてい「クシ持ってないんです」って言う。それでちょっとクシでとかしてあげると「うわ、サラサラになった~」って。そんなことが意外と知られていなんです。美容師なら当然得ている知識を、知らないばかりに悩んでいる一般のお客さんに伝えていきたいなって。同じ悩みでも別の視点から書いたりしています。日本の女性の髪をもっと綺麗にしたい、これが僕の願いです。

泉脇:あついっすね。

辻川:珍しくあつい。

森山:はじめてそんなこと聞いた。

中島:俺もはじめて聞く。

辻川:あつくるし会のとき、庭ちゃんこういう話しないもんね。

中庭:聞かれたことないから!

一同爆笑

ブログをやっててよかった瞬間は

辻川:ブログを見て来店されるお客さんは、はじめてお会いするにしても“私”という人となりを知って来てくださるから交わりやすいんです。お店のHPを見て来られるかたよりも施術に入りやすくなる。友だちが来てくれたような感覚に近いかな。あと、ブログを見ているから、はじめてなのにお任せでお願いしてくださることが多い。私のテイストに共感してのご来店だからスタイルの提案もしやすくなる。こちらのイニシアティブで話を進めていけるっていうのがいいです。

中島:書くことって大変なんだけど、ブログをやっていることで今までお会いできなかったお客さんに来ていただけるのは嬉しいですね。スタッフ育成のことやスタイリストとしての想いを書いているから、美容師から共感されたり、こういう場(取材)ができたりするのはブログをやっているからこそでしょ。今までは待ちの姿勢だったのが、ブログをやることで自分が発信するという立場になり、それを受け取ってくれる人がいる。難しいルールなんてないし、共感を得られるという点はやっぱりやってて良かったなと思う。

泉脇:一番嬉しかったのは、久々のお客様がブログを見て来てくれたことです。僕、ブログを書いたら拡散するためにLINE、LINE@、Twitter、Facebook、Instagram、すべてにリンクを貼るようにしているんですが、ある時、海外から一時帰国されていたお客様が、たまたま僕のブログリンクを投稿したLINEを見てお店に来てくれたんです。ブログをやっていて本当に良かったと思えた瞬間でした。僕の場合、純粋にお客様向けに書いているブログの先に、“集客”があると思ってます。

森山:以前は大型店で働いていたから、独立するなら小さいお店をやりたいなって思ってた。ただ独立したら、それまで当たり前のように会っていた人達に会えなくなったことで、孤独や孤立を感じる部分もあって。ブログをはじめたら、会ったこともない人からコメントをいただいたり、縁が縁を運んできたりと、発信することで自分の存在価値を感じられるようになったんだよね。サロンの場所や大小に関係なく繋がれることの素晴らしさや、自分自身の在り方や考え方が良い方向に変わったことを実感してる。ブログをやっていなかったら、今ここ(取材)にもいないしね。

中庭:結婚したこともそうですが、ブログをはじめる前と後で人生すべてが変わりました。お客さんとのことで言うと、お会いしたことのない人との信頼関係をブログで築けるっていうのが大きいかな。自分の気持ちや考えを発信しているブログを見て会いに来てくれているところからのスタートだから、お客さんとの関係性が近くなる。何かビジネスをやっているお客さんなら、僕はそれを応援したいからブログで紹介するんです。そうするとそれを見た他のお客さんがリアクション(物を買ったりイベントに参加したり)する。お客さんとお客さんが繋がる現象が起こり始めたんです。僕は時々、自分が楽しいな、やりたいなってことを“ブログのオフ会”と名付けて開催するんですが、まだお店には来たことがない人も参加してくれて、そこからまた新しい繋がりができたり。そうしたブログやFacebookをハブとしたコミュニティができるのがすごくいいなと思います。

昨年のあつくるし会を振り返りつつ、2018年の抱負を

森山:「大阪(11月開催)の反省会もやらないとね」って話してたんだよね。

中島:そうだったね。

泉脇:ぜったいやらないと思ってました。

中庭:ガチの反省会になるしね。

辻川:皆の色が出せて良かったと思うけど、個人的に大阪は不完全燃焼だった。私、何もしなかったから。講師担当じゃなかったなかじーと私は、隙間の時間にアレンジとかやれるように準備はして行ったんです。でも1秒も隙間がなかった(笑)。もう少し時間配分を上手くやって、5人でやれるようにすべきだったかもと思う。

中庭:ガチの反省会。

中島:ま、やれば毎回何かしら反省点は出てくるよね。

森山:皆それぞれが個人でセミナーやったり集客できるメンバーなんですよ。それが集まって何かをやろうっていうのは正直難しい。ひとつのサロン内で何かやるとか、ディーラー絡めてやるというのは割と簡単で、実際数多くあります。あつくるし会みたいにサロンも違う、立場も違うというのは他に見たことがないし、しかもすべてが自分たち発信。だからおもしろいんです。セミナーをやる一番の目的は、参加してもらった人に満足してもらうことだけど、なるようになれって感じでやってきたのが2017年。じゃ今年は?ってなると、同じことをやってもつまんないから新しい形や方法を考えていかないとね。

中庭:もともとFacebookで繋がっている美容師たちは集まってくれて盛り上がるけど、僕らが発信していきたいブログの価値を、まだ上手く活用できていない人に向けてもっと伝えていくのが今年の課題だよね。

中島:今年はもっと広げていきたいね。あつくるし会の目的は、テンションを共有して美容師を楽しくやろうよという想いを広めることで、この5人だけが楽しむ会ではないから。ブログをやっているけど上手く活用できていないとか集客できていないという人に、その先にある繋がりや可能性を広めていきたいと思ってます。5人が揃ってやるというバリュー感は、この会の醍醐味だと思うので何かしら残していけるようにしたいですね。

泉脇:すでにセミナーがひとつ決まってます。今回は技術なしのセミナー。いつも仲良しの美容師だけが集まる会じゃなくて、新しい人をどんどん巻き込みたいんです。それにはやはり、メーカーさんとかディーラーさんの横の繋がりが必要。先日「こんなことやりたいんです」とディーラーさんにプレゼンしたら「いいね面白そう」と言っていただいたんで、それを形にします。

中島:僕が勝手に思ってるのは、東京でももちろんやりたいけど地方にいる“あつくるしい美容師”さんとコラボしたい。たとえば庭ちゃんだったら出身地の岡山に行って、そこの美容師とセミナーやったりね。僕達に共感してくれる美容師さんと絡みたい。

辻川:私はDress hairというお店を盛り上げていきたいです。個人の頑張りはもちろんですが、今、店長という肩書をもらっているからにはスタッフをもっと引き上げていきたいと思ってます。オーナーが自由にやらせてくれる分、恩返しできたらなと。うちの全スタッフがブログを更新するようになったんだけど、それがきっかけで以前よりもまとまるようになったなと感じています。今年はそれぞれのブログで集客できるようになるのが理想で、皆がブレイクして欲しいです。

森山:美容師はヘアスタイルをつくるだけという枠をなくして、他の業界の人とコラボして何かおもしろいことをやりたい。「なんでそれとそれ?」って思われるような意外性のある組み合わせで、活動を形にしていきたいな。

中庭:抱負とか目標とかずっと考えてたんですけど、僕は夢も希望もない人間なんです。

一同爆笑

中庭:常に楽しいことが起きたらその波に乗っかるタイプで、そこから色んなことがはじまってます。それがこの場だったりね。能動的に考えない代わりに人との関わりの中で、もっと自由に表現したら良さが出るのになと気づくことが多いんです。その人の持っている余計な壁をどんどん取っ払って時には塗り替えたりもする。そういう関係性やきっかけづくりができたらいいなと思います。

中島:ブログをやっていたことで受けた恩恵が多かったから、僕はもっとブログの良さを広めたいという想いがある。お客さんもブログから美容室選びをするようになって欲しい。いいサロン、いい美容師に出会うためのひとつの手段としてブログを今以上に活用してもらえたらなと。その人の考えを文章で伝えられるのがブログでしょ。デザインだけ伝えたいならInstagramでいいし、短文で済ませたいならTwitterでいい。そこで伝え切れない想いがあるからブログが存在するんだと思う。ツールはたくさんあるけれど、ブログの良さはブログだけかなと僕は感じるから。「あつくるし会」で日本の美容室、美容師を盛り上げていけたらいいですよね!

取材協力:Lomalia

 

編集部ブログでは取材裏話&別ショット公開中です

プロフィール

『あつくるし会』

【あつくるし会メンバー】

(写真左から)
★中島義宗(なかじー)@SENSE Hair サロンHP ブログ

★中庭廣明(庭ちゃん)@Dress hair サロンHP ブログ

★森山章弘(森ちゃん)@limoa サロンHP ブログ

★辻川桂子(つっちー)@Dress hair サロンHP ブログ

★泉脇崇(ワッキー)@Lomalia サロンHP ブログ

 

HAIR

Favorite