toggle

染みてない?カラーリングで起こる怖い症状

カラーが死ぬほどつらい!?

カラーリング中

僕はカラーリングを行なう際、以下の3点を必ず確認しています。

  • 前回のカラー後に異常はなかったか?
  • アレルギーを持っているか?
  • 体調は悪くないか?

カラーのアレルギーなどは突然発症するものです。しかも、体調が悪い状態だと刺激を受けるリスクが高くなるので、塗り方や薬剤の調節などを工夫しています。

今回もご新規のお客様にも例外なく確認をとってみると、衝撃の回答をいただきました。

お客様「いつもカラー中は歯を食いしばるほどしみています…」

渡邉「な、なんだって!?」

お客様「だから、いつもカラーするときは憂鬱で…。カラーチェックのとき、美容師さんにもう少し時間を延長しますねと言われると死ぬほど辛いです。あ、でも覚悟を決めてきているので大丈夫ですよ」

ずいぶんサラッと言われていましたが これはいい状態とはいえません。

そもそも毎回カラーリングで刺激を受けていながら、大丈夫だろうと誤魔化しても改善することは100%ありえません。むしろ悪化していくと予想されます。

話を詳しく聞くと、肌にしみ始めたのは4年前くらいからということ。やはり年々、刺激は強くなってきているということでした。

年齢はまだ20代。カラーや白髪染めをしていくのであれば、あと50年以上もカラーリングと付き合っていかなければならないことに…。

当然、このまま続けていけば頭皮はボロボロ。カラーなんてできない状態になることも十分ありえます。

※少し脅しているようにも聞こえますが、事実です

そうならないためにもカラーリングのやり方を早急に見直す必要があります。

 

ヘアカラーの刺激は見逃してはいけない

このお客様の状態をまとめると

・アレルギー症状は出ていない

・頭皮用保護スプレーは効かない

・カラー塗布直後に刺激を感じる

といったものでした。これらの状況から、ジアミンなどのアレルギーによる刺激ではないということがわかります。

とはいえ、カラー直後に刺激を受けているという点から「一次刺激性接触皮膚炎」であることが予想され、刺激は過酸化水素水もしくはアルカリ剤による可能性が高いと判断しました。

「一次刺激性接触皮膚炎」の軽い症状であれば、保護スプレーや根元を薄めに塗るなどの対処で防ぐことはできます。

しかし以前、他店で同様の対処をしても効果がなかったそうです。となれば、頭皮に薬剤を一切つけないように塗っていくしかありません。


※イメージ図

このようなケースは特例のように感じられますが、実は僕のところに相談に来られるお客様は同じようにカラーの刺激やアレルギーなどに悩んでいる方が多いんです。なので、こういった対処は頻繁に行なっております。

そして、薬剤も過酸化水素水とアルカリ濃度を減らしたものを使っていきます。ただし、そのまま薄めてしまうと色持ちや発色が弱まってしまうので、ノンジアミンカラーでおなじみの「塩基性染料」を活用しています。

カラー剤

1剤と2剤のみで構成されている通常のカラー剤にノンジアミンカラーを配合することで、色持ちや発色はそのままに刺激物質の濃度を下げ、刺激を緩和することができます。

お客様の仕上がりや状況に合わせて、何%減らすかなどはバランスの見極めが大切です。

 

渡邉オリジナルレシピ&技法で染めた結果

お客様「4年間、毎回刺激を我慢して染めてきたけど…今回はしみてない!!」

渡邉「ぬぉぉぉぉぉー!(喜)」

やりました!! 根元は避けて塗布しましたが、薬剤は毛髪内部で浸透していくので黒い部分は残りません。

今まではカラーをなるべく早く終わらせたいという思いから、デザイン的なことは一切無視していたお客様。

もともと変わったスタイルが好きというお話も聞かせていただいていたので、今回は独断でローライトをプラスしデザイン性もアップさせました。

渡邉オリジナルレシピ&技法で染めた結果

カラーだけでなく、デザインもとっても気に入っていただけたので非常に嬉しく思います。

 

刺激を感じたら対策を考えること

数十年続けていけるカラーリングを考える

しみたり、炎症が起きているのは体からのSOSだと思ってください。「薬剤があわないよー」と頭皮が悲鳴をあげているんです。

その声を無視して、無理矢理カラーを続けてしまうと将来的に大変なことになってしまいます。安心して染めていける最適なプロセスを考えていくことが大切ですね。

目先の1回のカラーより、数十年続けていけるカラーリングを考えていきましょう。

カラーリングのことでお悩みのお客様はお気軽にご相談ください^^

 

関連記事