toggle

プールの水はパーマ液に近い!?夏のヘアダメージ対策法

ご存知の方も多いかと思いますが、冬より夏の方が髪はダメージを受けやすくなります。油断していたら、夏の終わりには髪がパサパサ、ボロボロ…酷いと手グシすらとおらなくなりますね。

そうならないためには、どのように対策をとったらいいのでしょうか?まずはダメージのもととなる原因を知ることが大切です。

そこで夏に受けるダメージの原因と対策をまとめてみました!

 

1.紫外線によるダメージ

夏のダメージの大半を占めるのが紫外線。紫外線によるダメージはやっかいで、夏が終わってからも引きずる可能性があります。できれば徹底的に紫外線ダメージは防ぎたいものです。

では、紫外線でどのように髪が傷むのかを解説していきます。

①紫外線(日光)があたる

紫外線があたっている髪の毛1本の拡大図

図は髪の毛1本を拡大したもの。周りをうろこ状に覆っているものがキューティクルで、中にある丸いものが髪の毛の栄養や色素です。

②キューティクルを剥がす

紫外線は髪の表面にあるキューティクルを剥がす

キューティクルには外の刺激から髪の毛を守る役割と、内側の栄養や色素を逃さないようにする役割があります。

この大事なキューティクルが紫外線ダメージによって剥がれてなくなることで、ヘアダメージが大きく進行します。また、一度剥がれ落ちたキューティクルは二度と再生しません。

③ダメージが残る

紫外線でキューティクルが剥がれ落ちた結果

キューティクルがなくなったことで髪のツヤがなくなり、パサついてまとまりのない髪になります。

また、内側の栄養がなくなったことにより髪が細くなります。同時に色素も抜けるため、髪色が明るく退色したり、金髪っぽい状態になったりします。

★紫外線ダメージへの対策

基本的には、帽子をかぶったり日傘を差すなど髪が紫外線に当たらないようにすることが大切です。室内では窓から降り注ぐ紫外線に気をつけましょう。

しかし、それでも防ぎきれない場合やそもそも帽子などを着用できないケースもあります。

そういった場合には、少しでも紫外線の効果を緩和させるためにUVケア効果のあるヘアクリームやオイル、髪専用の日焼け止めスプレーを使用するようにしましょう。

 

2.海やプールによるダメージ

海水浴やプールによるダメージ

夏といえば、レジャー!中でも人気が高いレジャーは海水浴とプールですね。(僕はもっぱら山派ですが…)

実は海とプールに入るだけで髪は傷むって知っていましたか?

①プールや海水はアルカリ性

海やプールに入ったときの髪の毛

海水や塩素を含んだプールの水は、pHがアルカリ性に傾いています。わかりやすく言うと、パーマ液に髪をつけているような状態です。

②キューティクルが開く

アルカリでキューティクルが開く

アルカリ性に傾くと、キューティクルは開いた状態になります。すると、開いたキューティクルから内部の栄養が次々に出ていってしまいます。

③ダメージが残る

ダメージが残った髪

先ほどの紫外線と同じように内部の栄養と色素が抜けていき、退色やパサつきなど髪が弱っていきます。
そして一番怖いのが、海水やプールでは紫外線も同時に浴びてしまうこと。

つまり紫外線ダメージと海水やプールでのダメージ反応が相乗効果を起こし、ダメージが倍の速さで進行していきます。

★海やプールのダメージ対策

まずプールや海から上がったら、早めにケアをしましょう!

(1)シャンプーをして、海水やプールの水を洗い流す
(2)トリートメントで開いたキューティクルを閉じる
(3)洗い流さないタイプのトリートメントをつけてからドライ
(4)その後は帽子をかぶったり、日傘を差すなどして紫外線や乾燥から髪を守る

すぐに髪を乾かせない場合は、トリートメントをつけておくだけでも違ってきます。早めのケアを心がけましょう!

 

3.シャワー(水道水)によるダメージ

水道水によるダメージ

暑いと頭皮が蒸れたり、汗をかいたりするので、毎日お風呂に入って髪を洗う人が多いと思います。実はその習慣からも髪はダメージを受けているんです。

夏場は菌が繁殖しやすくなるので、水道水に使われる塩素濃度は高くなります。そのため、海やプールによるヘアダメージでも解説したようにシャワーを浴びるだけで髪に負担がかかります。

紫外線や海水、プールの塩素水によるダメージに比べれば微量ですが、毎日のこととなると蓄積して負担になってしまいますね。

夏はあんまり出歩かないし、レジャーやアウトドアにも出かけないから問題なし!という方も、実は注意が必要です。

★シャワー(水道水)のダメージ対策

水道水に関しては、対策がかなり難しくなります。イチ個人が「塩素を混ぜないでください!」といってもムダなので、塩素対策アイテムをオススメします。

  • 塩素を除去するシャワーヘッドを使う
  • 塩素を取り除くシャンプーで洗う

これらは通年使い続けるより、この時期に集中して使うことで効果が得られます。

 

夏のヘアダメージは冬までひびく

夏のダメージは冬までひびく!? 後悔しないためのヘアケア術

ダメージを受けた髪の毛をもとの状態に戻すことは難しく、受けたダメージが完治することはまずありません。

だから、できるだけ髪に負担をかけずに夏を乗り切ることが大切です。何も対策を取らずにダイレクトにダメージを受けてしまうと、あとあと後悔するでしょう…!

正しい知識と対策で、健康な髪とともに楽しい夏を過ごしていきましょう^^

 

関連記事