toggle

チリチリした髪をしっとりツヤツヤにする方法

渋谷区代官山にある『limoa(リモア)』という美容院の森山です。

画像の彼女の髪は一見ツヤツヤの美髪に見えますが、実は近づいてみると…

細かいチリチリ毛があります。

このようになってしまう原因は、乾燥による傷みやアイロンの熱による傷み、無意識に引っ張ってできる傷みなどが考えられます。

ただし、今回のゲストはアイロンをたまに使う程度で、あまりゴムで縛ることもないとのこと。そうなると考えられるのは、ドライヤーのかけ方が正しくない。

ということでレクチャー!

 

正しいドライヤーのかけ方

①髪が濡れている状態でモロッカンオイルをつけます

②目の粗いクシでとかします。これ重要ポイント!

 

 

③ドライヤーで一気にバーっと乾かしていきます

④ある程度乾いてきたら、ドライヤーの風を上から下に向かって当てていきます。あくまでも優しくなでるように!

 

そうすると、さっきまで気になっていたチリチリがおさまって、抜群にまとまりの良い髪になります。

ここにストレートアイロンなどをすれば、もっとサラサラになりますが髪への負担が大きいのであまりオススメはしません。

 

ドライヤーのかけ方ひとつでこんなに違ってきます。

毎日おこなう自分のケアの積み重ねが、『美髪』を育むのです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!!
 

 

関連記事