toggle

ジアミンアレルギーでも明るいカラーにできますか?

こんにちは。頭皮への負担を考えたヘアカラーを提案する美容師ブロガー、渡邉佑典です。

 

お客様からいただくご質問で多いのが「ジアミンアレルギーでも明るいカラーにできますか?」というもの。基本的にはジアミンアレルギーの方でも明るく染めることは可能です。ただし、注意点がありますので今回はその点をまとめてお伝えしていきます。

 

使用できる薬剤

言うまでもないですが、ジアミンを含むカラー剤はNGです。使える薬剤は以下の2つ。

・ライトナー
・ブリーチ剤

ライトナーとは、わかりやすく言うとカラー剤から色(ジアミン染料)を抜いたものです。色味はなく無色なため、明るくするためだけの薬剤になります。

ブリーチ剤は“強い”というイメージがあると思いますが、ライトナーと同様にジアミンは含まれていないため使用自体は問題なくできるんです。もちろん、パワーは強いので頭皮がシミやすい方などは使用を控えた方が良いでしょう。
 

明るいカラーにするデメリット

ジアミンアレルギーでも明るいカラーにできるものの、後々に考えられるデメリットも把握しておく必要があります。それは、一度明るく染めてしまうと暗く戻すのが難しいということ。ノンジアミンカラーの場合、染めた直後は暗く見せることはできても1ヶ月〜1ヶ月半ほどで完全に明るい状態に戻ってしまいます。そこに自然退色(だんだん明るくなる)する点も加味しておかなければなりません。

特にロングの方やミディアムの方、伸ばし途中の方は、あまり明るくし過ぎないことをオススメします。

 

誰もが明るくできるわけではない

ジアミンアレルギーの方すべてが同じ症状というわけではありません。ジアミンにのみ反応する人もいれば、ジアミン+他の成分で刺激を感じる人もいます。頭皮に直接つかないような塗布の仕方や、前処理などといった対策は行いますが、それでも過敏な方は刺激を受ける危険性もあるということを覚えておきましょう。

まずは、自分がどのような成分に弱いのかを把握しておくことが大切ですね。
 

ジアミンアレルギーでも明るくできます!

条件がクリアできれば、このような感じで明るくできます。

【Before】

ジアミンアレルギー ヘアカラー できる

ジアミンアレルギー ヘアカラー できる

 

【After】

ジアミンアレルギー ヘアカラー できる

ジアミンアレルギー ヘアカラー できる

ジアミンアレルギー ヘアカラー できる

毛先に色が入ったことで、ツヤ感が戻りました。しっかりと白髪をカバーしつつも、黒い部分を毛先に合わせて明るく。ジアミンアレルギーを発症されている方でも、明るいカラーで楽しむことはできるんです。

 

お悩みの方はぜひご相談ください!

 

関連記事